腋臭症(ワキガ)・多汗症治療

わきが(腋臭症)でお悩みの患者さまへ

ワキガ(腋臭症)とは、その名の通り、わきの下から特有な悪臭を放つ臭いが発する状態を指します。特有の臭いとは、個々の体質によって異なりますが、どれも嫌な臭いに喩えられることがあります。
欧米ではある程度生理現象として認識され気にされない傾向がありますが、アジアではにおいや衣服の黄ばみなどに嫌悪感を抱く傾向があり、お悩みの方は多いと思います。
皮膚にはエックリン腺とアポクリン腺の2種類の汗を出す器官があります。腋臭の原因となるのはアポクリン腺から出ています。アポクリン腺には遺伝的素因、性ホルモンやワキ毛の量や発汗の量もにおいに関係しています。臭いの元となるアポクリン腺分泌物は、衣類のわき部分に黄色いシミを作り、汗が大量に出る多汗傾向を伴うことがあります。まれに女性で腋臭症の場合は、乳輪や性器付近からも腋臭の臭いが認められる場合もあります(すそわきが とも呼ばれます)。
汗をかいた直後気にならない臭いがしばらくすると臭うことがあります。アポクリン腺の汗に含まれるタンパク質を常在菌が吸収し分解し臭いが発生します。この臭いはアンモニア成分を含んでおり、刺激臭となります。
主にSSCクリニックでは、腋臭症の原因となるアポクリン腺を取り除く手術療法や発汗自体を抑える注射療法でワキガの治療を行なっています。

腋臭症の診断について

わき部分にガーゼをはさんで頂きそのガーゼの臭いと問診によって行います。ドクターにより腋臭症と診断されます。 腋臭症と判断されると保険による治療が可能となります。 症状が軽い場合には保険の適応が不可の場合もありますので、まずはお気軽に受診のうえご相談ください。当院の腋臭症治療は保険診療による手術となるため、他院での術後の修正手術などについては事前にご相談ください。

腋臭症の手術について

SSCクリニックでは、ワキガ(腋臭症)の手術療法については、まず一つ目に、皮弁法(剪除法・反転剪除法)を採用しています。いろいろなワキガ手術療法の中で、当院がこの方法をお薦めするのは、まずは健康保険が使えることです。また、何より直接目で確認できるのは直視下摘除法だけであるので(アポクリン腺の取り残しがないこと)、結果として効果が高く再発の可能性が低いため一度の手術で臭い・汗ともに改善出来るためです。術後に除去したアポクリン腺を患者さまにお見せすることが可能です。
患者さまに注意していただきたいこととして、手術日は当日と翌日に安静が保てる日程で組むことが大切です。術後2日ほど早期に起きやすい出血に伴う血腫がありますが、この期間を乗り切るとその後は日常生活を普通にしていただいても順調に傷が回復される方がほとんどです。
次に、ボツリヌス注射による腋臭症(ワキガ)・多汗症治療があります。脇の下の皮下にボツリヌストキシン製剤を注射すると、わきの下の発汗を押さえることができます。この治療の利点として、注射のみで多汗症の治療が行えます。注射療法の施術時間はわずか10分程度で、効果期間は3〜6ヶ月程度持続します。1〜2ヶ月期間をあければ何回でも注射することが可能です。

皮弁法(剪除法・反転剪除法)

腋臭症の手術で数少ない保険適応の手術療法のひとつで、アポクリン腺を取り除く治療です。入院の必要はなく、処置が終わったらお帰りいただけます。
ワキの皮膚の皺に合わせて3センチから4センチほどの切開します。皮膚を裏返し、毛穴に開口しているアポクリン腺をハサミで切り取っていく方法です。医師が直接目で見ながら除去していきますので、確実にアポクリン腺の数を減らすことができます。
当院では麻酔をご用意し、痛みの少ない治療が可能ですのでご安心下さい。

ボツリヌス注射

ボツリヌストキシン(ボトックスとも言います)とはボツリヌス菌がつくる「ボツリヌストキシン(ボツリヌス毒素)」のことです。菌そのものではなく、神経に作用する成分のみを注射します。ボツリヌストキシンは筋肉に効くだけでなく汗腺も神経に支配されているため筋肉の力を弱めるのと同じように、汗腺からの分泌も抑える効果があります。
発汗自体を抑える注射療法として、ボツリヌス注射による、腋臭症(ワキガ)・多汗症治療は、溶解したボツリヌスを片脇のわきの下の皮下に10〜14点程度に分けて少量づつ注射します。注射後2〜3日で効果が出始め、5〜7日で安定します。注射治療後も特に注意することはありません。入浴なども普通どおり行えます。ボツリヌス注射の効果期間は、3〜6ヶ月程度です。1〜2ヶ月期間をあければ再度ボツリヌス注射が可能です。そのように、一時的に汗や臭いを抑える治療ですが、ワキに注射を打つだけでエクリン汗腺を麻痺させ、汗を抑えることができます。エクリン汗腺からの汗の分泌を減らすことで、皮膚表面の細菌が繁殖しにくくなり臭いが激減します。ボツリヌス注射による治療は自費診療と保険診療があります。詳しくは診察の際に説明をいたします。
当院では必要に応じて皮膚に用いる麻酔をご用意し、痛みの少ない治療が可能ですのでご安心下さい。

腋臭症治療料金(保険診療)

手術内容3割負担料金(税込)
皮弁法(剪除法・反転剪除法)¥20,610(両側)
ボツリヌス注射¥10,137(片側)
麻酔オプション部位数料金(税込)
外用麻酔(表面麻酔クリーム)2部位まで¥3,300
注射麻酔(局所麻酔)2部位まで¥3,300

※全て税込価格となります
※別途お薬代・医療材料がかかります
※別途病理検査費用がかかる場合があります
※クレジットカードをご利用いただけます
※医療ローンをご利用いただけます
※後払い決済をご利用いただけます
※保険診療適応となります
※保険診療適応の場合、各種医療費助成制度が使えます
※サイズや状態による金額の詳細は診察時にお問い合わせください

腋臭症の治療を受けるにあたって

ワキガ(腋臭症)でお悩みの方がいらっしゃいましたらSSCクリニックまでお気軽に診察のご予約をしてください。またオンライン診療もございます。カウンセリングを受ける際は、お悩みの症状について治療が必要かどうか、どのような治療を施すのか、治療後の変化や効果についてご説明いたします。

当院ではオンライン診療を導入しています。オンライン診療についてはこちらをご覧ください。

SSCクリニックオンライン診療の予約