粉瘤治療

粉瘤(アテローム)でお悩みの患者さまへ

粉瘤(アテローム)とは、新陳代謝による老廃物(垢や皮脂の膿)が、皮膚の内部に溜まることによってできる皮膚の良性腫瘍です。何らかの原因で皮膚の垢が皮膚の内側に蓄積してしまい、角質物質の周りの皮膚が皮膚の下で「袋状」に発達することで起きます。
粉瘤(ふんりゅう)とは、毛穴に垢や皮脂が貯まってできた袋状の皮膚の良性腫瘍です。皮脂分泌の多い顔面・頭部・頚部・体幹に発生しやすいものです。

粉瘤の初期症状は、皮膚の下に米粒大ほどのしこりですが、皮膚表面上には症状が現れず自覚することが少ないです。初めは皮膚の中の非常に小さい袋ですが、自然には角質や皮脂は袋の外に排出されないため、どんどん溜まっていきます。それに伴って粉瘤が大きくなっていきます。放置していると徐々に大きくなり拳大ほどになることもあります。
粉瘤には小さな穴があり、そこに細菌が入り込むことで、感染を引き起こします。炎症を起こした粉瘤は、熱を持ったり赤みと痛みを感じることになります。膿みはそのままなくなることはないので、排膿手術が必要になります。粉瘤は、できもの、おでき、脂肪のかたまりだと思って、気にしないまま長い間放置している方もおり、ニキビと間違えていた方もいます。そうした方は、炎症や化膿が起きてから来院されます。

粉瘤の除去について

粉瘤は膿が溜まった袋から摘出をしなければなりません。早めに治療を受けることが望ましいです。
粉瘤除去治療は保険診療の適応となります。
当院では必要に応じて皮膚に用いる麻酔をご用意し、痛みのない治療が可能ですのでご安心下さい。
SSCクリニックの形成外科医が除去します。粉瘤は形成外科医にとって基本的な手術ですが小さな粉瘤の手術跡も目立たなくするため、高い技術と経験が必要となる奥深い手術です。なお、念のため手術で切除した組織は病理検査に出して詳しく調べます。

紡錘形切除法

患部の皮膚を紡錘形(ひし形~レモン型)に切り皮下の腫瘤とともに摘出して縫合します。
紡錘形切除法は、基本的な切開方法で、縫合しやすいようにできものを紡錘形(ひし形~レモン型)に切り込みを入れて摘出する方法です。くり抜き法に比べ、傷跡の部分が大きくなりますが、当院は傷跡の治療を専門としているクリニックですので、できるだけ傷跡が目立たなくなる切除と縫合を行っています。当院では、レーザーで手術跡のケアまで一貫して行うことができます。

くりぬき法

器具で粉瘤の中心に小さな穴をあけ、その穴から内容物を取り出す方法です。
従来の治療方法に比べて、傷跡が目立ちにくい、治療時間が短いという特長があります。
トレパンと呼ばれる筒状のメスで、粉瘤の中心に小さな穴をあけ、その穴から内容物を取り出す手術方法です。内部に溜まった垢や皮脂を押し出しつつ周囲の壁を剥離して取り出します。穴は1週間ほどで自然にふさがります。傷を最小限にすることができる手術です。

粉瘤は潰さずに当院までご相談ください

粉瘤を無理に潰すと、細菌が入り込み感染を招いてしまい、元の大きさよりはるかに大きくなります。
そうすると、炎症による痛みを伴います。また、皮膚の内部で粉瘤の袋が周囲と癒着しやすくなり、袋の壁が癒着することで皮膚と周囲組織の隔離・剥離が難しくなります。手術がスムーズに行えず、潰さないで除去した粉瘤と比べて、傷跡がわかりやすくなってしまいます。また、潰した粉瘤は時間とともに更に肥大化してしまいます。粉瘤は、潰さずに早い段階で当院までご相談ください。

粉瘤の除去の治療を受けるにあたって

取り除きたい粉瘤のことででお悩みの方がいらっしゃいましたらSSCクリニックまでお気軽に診察のご予約をしてください。またオンライン診療もございます。カウンセリングを受ける際は、お悩みの症状について治療が必要かどうか、どのような治療を施すのか、治療後の変化や効果についてご説明いたします。

当院ではオンライン診療を導入しています。オンライン診療についてはこちらをご覧ください。

SSCクリニックオンライン診療の予約