粉瘤治療

粉瘤(アテローム)でお悩みの患者さまへ

粉瘤(アテローム)とは、新陳代謝による老廃物(垢や皮脂の膿)が、皮膚の内部に溜まることによってできる皮膚の良性腫瘍です。粉瘤(ふんりゅう)とは、毛穴に垢や皮脂が貯まってできた袋状の皮膚の良性腫瘍です。皮脂分泌の多い顔面・頭部・頚部・体幹に発生しやすいものです。
はじめは米粒大ほどのしこりですが放置していると徐々に大きくなり拳大ほどになることもあります。

粉瘤の除去について

粉瘤は膿が溜まった袋から摘出をしなければなりません。早めに治療を受けることが望ましいです。
紡錘形切除法
患部の皮膚を紡錘形(木の葉型)に切り皮下の腫瘤とともに摘出して縫合します。

くりぬき法
筒状のメスで、患部の中心に穴をあけ、押し出しつつ周囲の壁を剥離して取り出します。傷は縫わずに、穴は1週間ほどで自然にふさがります。傷を最小限にすることができます。

SSCクリニックの腕の確かな形成外科医が除去します。粉瘤は形成外科医にとって基本的な手術ですが小さな粉瘤の手術跡も目立たなくするため、高い技術と経験が必要となる奥深い手術です。

粉瘤除去治療は保険診療の適応となります。
当院では必要に応じて皮膚に用いる麻酔をご用意し、痛みのない治療が可能ですのでご安心下さい。

粉瘤の除去の治療を受けるにあたって

取り除きたい粉瘤のことででお悩みの方がいらっしゃいましたらSSCクリニックまでお気軽に診察のご予約をしてください。またオンライン診療もございます。カウンセリングを受ける際は、お悩みの症状について治療が必要かどうか、どのような治療を施すのか、治療後の変化や効果についてご説明いたします。

当院ではオンライン診療を導入しています。オンライン診療についてはこちらをご覧ください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: sscclinicsonline_3-2.jpg