肝斑・そばかす治療

肝斑・そばかすでお悩みの患者さまへ

「肝斑」とは、頬骨の周辺・あご・鼻の下に左右対称で現れる薄茶色の色素斑です。一般的なシミ(老人性色素斑)は輪郭がくっきりしているのに対し、肝斑は全体的に境がはっきりしないぼやけた形で見えます。ホルモンのバランスが崩れがちな30代後半から50歳くらいの女性に多くみられます。10代・60代以降の発症はほとんどありません。

SSCクリニックの「肝斑」治療は主にレーザー治療や光治療で除去します。レーザーによる除去治療以外に、導入治療やハイドラフェイシャルなどのピーリング治療、トレチノイン外用療法やゼオスキンのセラピューティックのご用意もあります。また最新レーザーを用いたレーザートーニングやイオン導入から点滴まで美容メニューもございます。

「そばかす(雀卵斑)」は遺伝的に発生することが多く、鼻を中心に散らばるようにできる小さな色素斑です。SSCクリニックの「そばかす」治療は主にレーザー治療や光治療で行います。そばかすのメラニン色素だけをレーザーでピンポイント破壊して解消します。また最新のピコレーザーを用いたピコトーニングやお薬の治療も用意しています。

肝斑・そばかすの治療について

肝斑・そばかすが認められる部分には、主にQスイッチルビーレーザー(Qルビーレーザー)、ピコセカンドレーザー(ピコレーザー)を用いて治療を行います。IPLフォトフェイシャルも効果があります。脂漏性角化症の場合はErbium:YAG、Co2レーザーやロングパルスレーザーを用います。

肝斑・そばかす除去治療は自費診療となります。

肝斑・そばかすの治療を受けるにあたって

従来のレーザー治療では、肝斑に刺激を与えてしまい、かえって色素が濃くなるといったリスクがあったので、肝斑の治療ではレーザーを使用していません。SSCクリニックでは、出力の弱いNd:YAG/KTPピコレーザーをシャワーのように空中照射するピコトーニングで、皮膚のメラニン色素を少しずつ減らしていく治療法を用いています。ピコトーニングはメラニン色素を刺激しない低出力のレーザーの照射を繰り返します。シミやくすみの治療も同時に行えます。ダウンタイムもありません。

そばかすは細かい斑点が広範囲に現れる傾向にあるため、一つ一つスポットでレーザーを照射するよりも、レーザーの空中照射やIPL(光治療)を全体的に照射し、反応がよくなかったそばかすのみにスポット(接触照射)でレーザーを当てていくなど、両者を組み合わせて治療を行うこともあります。

「肝斑」でお悩みの方がいらっしゃいましたらSSCクリニックまでお気軽に診察のご予約をしてください。またオンライン診療もございます。カウンセリングを受ける際は、お悩みの症状について治療が必要かどうか、どのような治療を施すのか、治療後の変化や効果についてご説明いたします。

当院ではオンライン診療を導入しています。オンライン診療についてはこちらをご覧ください。