形成外科

形成外科

形成外科とは

形成外科とは外傷外科・再建外科・先天異状・美容外科を4本の柱とする外科の一つです。
形成外科は、主に皮膚の先天性の奇形、あるいは後天性の損傷に対する機能的・整容的修復を主としています。つまり、身体表層に見られるあらゆる変形・色の異常などの醜状を外科的手段により、正常形に修復・再建する治療を行います。
患者さまが、形態面・機能面・精神面において満足な社会生活を送ることができることを目的とした、比較的新しい外科学の一分野です。
形成外科が新しい分野ですので、当院では最先端の治療を取捨選択しながら取り入れ、高いレベルの医療を行うよう努力しています。
また、美容外科とは形成外科学の一分野であり、当院はそれらを専門に治療を行うクリニックです。
形成外科治療のうちアザの治療は傷跡を残さずに色調の以上を治療できるレーザー治療が確立されてきました。当院はこのレーザー治療を主体に治療を行うクリニックです。


【主な疾患】
皮膚良性腫瘍・母斑・血管腫・新鮮熱傷・顔面外傷・顔面骨骨折・口唇裂・口蓋裂・手足の先天異常・手足の外傷・悪性腫瘍と再建・瘢痕・瘢痕拘縮・ケロイド・褥瘡・難治性潰瘍