白斑治療

白斑でお悩みの患者さまへ

白斑は後天的に発症する皮膚病で、皮膚の色素が完全に消失してしまいます。症状は全身に見られる疾患です。
発症の原因は、メラニン色素を作る細胞(メラノサイト)が色を作るのを休んだり、メラノサイトが消失して起こると言われています。怪我ややけど、強い日焼けなど皮膚になんらかの刺激が加わることによるものや、ストレス等により発症するとも言われていますが、その原因は解明されていません。自己免疫疾患の一つではないかと言われています。また自然に治癒することは期待できません。

白斑の治療について

ステロイド・ビタミンD・免疫抑制剤等の外用療法や、光線療法エキシマレーザーを用いた治療などありますが、当院では即効性効果のあるアートメイクの技術によるパラメディカルピグメンテーション(色素形成)で抜けた色を入れる治療を行っています。

色素形成治療は自費診療となります。
皮膚表面を冷やしながらレーザーを照射するため、麻酔なしでお受けいただける程度の痛みです。当院では必要に応じて皮膚に用いる麻酔をご用意し痛みのない治療が可能ですのでご安心下さい。

色素形成の治療を受けるにあたって

白斑の治療でお悩みの方がいらっしゃいましたら、SSCクリニックまでお気軽に診察のご予約をしてください。またオンライン診療もございます。カウンセリングを受ける際は、お悩みの症状について治療が必要かどうか、どのような治療を施すのか、治療後の変化や効果についてご説明いたします。

当院ではオンライン診療を導入しています。オンライン診療についてはこちらをご覧ください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: sscclinicsonline_3-2.jpg