傷跡治療

傷跡でお悩みの患者さまへ

傷跡とは、傷が治った後の状態のことで、医学的には「瘢痕(はんこん)」と言います。
傷ができる原因は、手術・事故・リストカットなど、様々ですが、傷が治る経過により傷跡が形成されていき多様な傷跡の形状が生じます。治る過程で傷跡ができることは正常な過程ですが、傷跡の種類により、治療方法が異なります。
傷が深いと傷跡も目立ち、浅い傷でも広い範囲だと目立ってしまうため、傷跡の部位などによっては深刻な悩みだと思います。

傷跡の除去について

平らな傷跡
外見上の赤みや色素沈着が問題となることが多いので、それらの症状に応じたレーザー治療を行います。傷の炎症を取り除き、傷跡を目立たなくしていきます。

盛り上がり・くぼみの傷跡
患部の赤みや色素沈着を防ぐ治療と凸凹を平らにしていく治療を行います。皮膚の再生能力を高めて皮膚を平らにするフラクショナルレーザーや盛り上がり部分を気化蒸散させるCo2レーザー(炭酸ガスレーザー)を使用し、注入療法と合わせてより目立たないキレイな状態にします。

傷跡治療は自費診療となります。
皮膚表面を冷やしながらレーザーを照射するため、麻酔なしでお受けいただける程度の痛みです。当院では必要に応じて皮膚に用いる麻酔をご用意し痛みのない治療が可能ですのでご安心下さい。

傷跡の除去の治療を受けるにあたって

リストカットの跡などの切り傷や外傷後の傷跡、顔面・胸部・ケロイド性瘢痕、手術後のケロイド瘢痕など身体の部位や傷の種類に関わらず、取り除きたい傷のことででお悩みの方がいらっしゃいましたらSSCクリニックまでお気軽に診察のご予約をしてください。またオンライン診療もございます。カウンセリングを受ける際は、お悩みの症状について治療が必要かどうか、どのような治療を施すのか、治療後の変化や効果についてご説明いたします。

当院ではオンライン診療を導入しています。オンライン診療についてはこちらをご覧ください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: sscclinicsonline_3-2.jpg